BLOG

南富士山シティの活動や、
イベント情報などをお届けします。

NEWS  2021.05.26

令和2年度の成果について

本日(令和2年5月26日)、総会を開催しました。総会終了に伴い、令和2年度の成果をお知らせします。

 令和2年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により飲食業や宿泊業を主とした中小企業や個人事業主への負の影響が大きく、私たちに課せられた産業振興による地域の活性化に多く注目が集まった年度でした。国や県の助成・補助に加え、市町村独自の取り組みも全国的に多様化し、裾野市は休業協力金やプレミアム付き商品券の発行、PayPayと連携したポイント付与事業、融資における利子補給など、複数の事業者支援策を打ち出していました。

 一方で感染症の対策は一進一退で、裾野市内ではワクチン接種の本格化もこれからといった状況で、経済活動を優先すべきか、感染症予防を優先すべきか、トレードオフの状況が続いています。

 他方、トヨタ自動車が発表したWOVEN CITYにより裾野市には明るい話題もあり、連携したい事業者等からの引き合いも多くなっているのではないでしょうか。また、積極的な事業所誘致等を進める以上に、コワーキングスペースやテレワーク、ワーケーションといった新たな働き方に対応した地域づくりも求められる転機になったといえます。

令和2年度の成果をもって、令和3年度の取り組みにつなげていきます。

■産業連携イベント・セミナー開催

32 回

■起業創業支援相談

268 件

■起業実績

14 件(うち法人化 8 件)

■南富士山産業連携研究会 FCRUM(フクラム)

メンバー増 40 人(計 117 人)

■FCRUMイベント・セミナー開催•共催

14 回(オンライン含め、のべ参加人数 505 人)

■視察・研修

45 件

■その他取り組み事業

12回

■Facebook 投稿回数

232件

■Instagram 投稿回数

368件

SHARE

Facebook
Twitter

EVENT  2021.05.19

わくわくFCRUM軽トラマーケット(令和3年6月5日 開催済)

イベント趣旨

コロナ禍での産業振興やコミュニティの醸成を目指した持続可能な取り組みとして、裾野市商工会、岩波商店会、スズキ株式会社の協力のもと開催する小規模な軽トラにフィーチャーしたマーケット(商品販売会)を開催しました。

開催日時と場所

令和3年6月5日(土)

10:00から14:00

裾野市岩波249-1(いわなみキッチン)※ページ下に地図があります。

※天候や、コロナウイルス感染症の拡大状況(国県市のイベント開催指針等を優先)により、中止する場合があります。

出店者情報

・みしまや(酒類)
・Wandie Farm(野菜)
・一心(惣菜・野菜)
・沼津市地域おこし協力隊(木製品)
・おひさまカフェ(珈琲)
・ふくろうの小屋(いちごおり)
・スズキ株式会社(テレワークオフィスカー車両展示)
・ガラクタ市(食器・調理器具)

会場周辺図

赤色の表記が会場と会場へのアクセスです。青色が駐車場と駐車場へのアクセスです。いずれも道路が非常に狭いので、ご注意ください。駅前の横断歩道を利用して、安全にお気を付けてご来場ください。

フルスクリーン表示

駐車場のご注意

導入口が非常に狭くなっています。ご来場の際は安全にご注意ください。

お願い

検温と感染症対策(マスク着用等)をしていただいた上でご来場ください。また、ご来場時には検温と記名受付をさせていただきます。

SHARE

Facebook
Twitter

NEWS  2020.05.30

令和元年度の成果について

一般社団法人南富士山シティは、裾野市産業連携地域プラットフォーム交付金を受けた事業を実施しています。令和元年度の成果実績について報告します。

事業概要

・理事会 10回
・産業連携・振興に資するイベント・セミナー等 50回
・レンタルスペース 35件
・南富士山産業連携研究会FCRUM 1回(キックオフ)
・視察等 10回

営業日数 287日

中小企業相談Suso-biz

・開催日数 42日
・相談件数 356件
・新規相談者数 35件
・年度内創業・起業実績 5件

※その他専務理事による相談対応による創業件数  8件

情報発信(Facebook)

・ページの年間「いいね」増(記事のいいねではない) 156件増
・情報発信日数 142日
・発信情報件数 232件

メディア掲載

・県知事広聴 平太さんと語る 7月13日
・静岡新聞 貨客混載の取り組み(バスタマーケット) 9月16日 日経グローカル
・創業支援等事業計画 12月24日 静岡新聞
・貨客混載の取り組み(バスタマーケット) 1月1日 全国農業新聞
・キャンプ場再整備連携 1月11日 静岡新聞
・FCRUM設立 1月16日 静岡新聞
・新都市構想(FCRUM言及) 1月31日 静岡新聞
・FCRUMキックオフイベント開催 2月13日 静岡新聞
・FCRUM立ち上げ 2月14日 日刊静岡
・裾野市PT立ち上げ(FCRUM言及) 2月15日 静岡新聞

SHARE

Facebook
Twitter

BLOG  2020.02.12

南富士山産業連携研究会 FCRUMキックオフイベント

保有するキャンプグッズでわくわくを表してみました。

南富士山産業連携研究会 FCRUM(フクラム)キックオフイベントが2020年2月12日に実施されました。裾野市役所までお越しくださった皆さま、ZOOMにてご参加いただいた皆さま、誠にありがとうございました。
 

たくさんの方達にお集まりいただきました。

”地域のわくわくする未来を市民の皆さんと共創する”を理念に立ち上げ2年目のバーチャル都市 南富士山シティ。
 

Fujisan(富士山)のふもとで、みんなでSCRUM(スクラム)を組んで、小さな動きが大きな動きへとふくらんでいくような取組みになるよう名付けた南富士山産業連携研究会 FCRUM(フクラム)。

パネルディスカッションの様子。左から南富士山シティ 山田知弘事務局長、裾野市 高村謙二市長、裾野市出身で政府系官民ファンド株式会社INCJ代表取締役であり南富士山シティ名誉アンバサダーでもある勝又幹英氏、南富士山シティ 鈴木大悟市長(仮)。

これからも皆さんとわくわく進んでいきたいと考えております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 

ということで、先ずは 、
”ハイパー飲み会”をやりたいと思います(笑)

「”ハイパー飲み会”に激しく参加したい」と裾野市 高村市長(笑)


(一社)南富士山シティ メンバー一同

http://www.city.susono.shizuoka.jp/sangyo/1/13383.html…

SHARE

Facebook
Twitter

NEWS  2020.01.14

FCRUM始まります!

皆さんこんにちは。
南富士山シティ 市長(仮)の鈴木です。

この度僕たち一般社団法人南富士山シティは裾野市さんと協力をして
「南富士山産業連携研究会 FCRUM」を立ち上げました。


F(富士山)+ SCRUM = FCRUM


と言うことで、富士山周辺の皆さんでスクラムを組んで、地域の産業の活性化を目指し小さな行動が大きな動きへとふくらんでいくという意味を込めて名付けました。

読み方は「フクラム」。
「F」にアクセントがついて「クラム⤵」と読んでください。

行政との協業なので、若干堅苦しい冠は付いていますが、我ながらナイスな名前を考えたと自負しています。

そしてこれまた素敵なロゴマークを裾野市在住のデザイナー、summitの齋藤くんが作ってくれました。
富士山の上にいろんなことが膨らんで気球のように上昇していくイメージです。
富士山の噴火を連想させるのでは、という意見もありましたが、南富士山シティ井口さんの「そもそも噴火を繰り返して今の美しい富士山ができたんですもんね」の一言で採用が決まりました。



「富士山の南側の地域を一つの都市として捉え、地域のわくわくする未来を市民のみなさんと共創する」ことを目指し南富士山シティを立ち上げ2年が経とうとしています。
この2年本当にもがき苦しみながらも、様々な活動を行ってきました。

その中で気が付いたことは、

「自分たちがわくわくすることを小さなことからとにかく実行する」

ことが大事だということです。

地方創生において、机の上に広げた模造紙に付箋を張り付けて発表するワークショップがよく行われ始めてだいぶ経ちますが、僕たちはこの2年、付箋を破り捨て外へ出てキャンプしたり、ツリーハウス作ったり、人に会ったり、たき火を囲んで語り合ったり、してきました。

そしたら閉鎖されたキャンプ場の再生が決まったり、関わる人が起業したり、多くの人々がこの地域にキャンプしに来てくれたり、なんだかわくわくすることが次から次へと舞い込んでくるようになりました。

いわなみキッチンを中心に、様々な人・もの・こと・情報が集まり交差し、誰かの夢だったり想いが、少しずつふくらみだす、そんな様を目の当たりにしてきました。

そしてその集大成として立ち上げるのがこの「FCRUM」です。



奇しくもTOYOTAさんの裾野市内での壮大な計画が発表され、期待感が溢れる中で、一方地域として住民として何ができるか。

せっかくわくわくするチャンスが訪れているのに、何もしなければ結局また何も残りません。

TOYOTAさんより一足先に富士山の南側に創ったバーチャル都市「南富士山シティ」で、もっとわくわくする暮らし方、働き方を実践するために皆さんのお力をお貸しください。

まずはFCRUMキックオフイベントを2月12日に開催します。
今後の活動も含め詳細は南富士山シティホームページ、SNSにて随時お知らせいたします。


小さなわくわくを大きくFCRUMましていきましょう!

2020年1月14日
一般社団法人 南富士山シティ 代表理事 鈴木大悟

SHARE

Facebook
Twitter