BLOG

南富士山シティの活動や、
イベント情報などをお届けします。

NEWS  2020.01.14

FCRUM始まります!

皆さんこんにちは。
南富士山シティ 市長(仮)の鈴木です。

この度僕たち一般社団法人南富士山シティは裾野市さんと協力をして
「南富士山産業連携研究会 FCRUM」を立ち上げました。


F(富士山)+ SCRUM = FCRUM


と言うことで、富士山周辺の皆さんでスクラムを組んで、地域の産業の活性化を目指し小さな行動が大きな動きへとふくらんでいくという意味を込めて名付けました。

読み方は「フクラム」。
「F」にアクセントがついて「クラム⤵」と読んでください。

行政との協業なので、若干堅苦しい冠は付いていますが、我ながらナイスな名前を考えたと自負しています。

そしてこれまた素敵なロゴマークを裾野市在住のデザイナー、summitの齋藤くんが作ってくれました。
富士山の上にいろんなことが膨らんで気球のように上昇していくイメージです。
富士山の噴火を連想させるのでは、という意見もありましたが、南富士山シティ井口さんの「そもそも噴火を繰り返して今の美しい富士山ができたんですもんね」の一言で採用が決まりました。



「富士山の南側の地域を一つの都市として捉え、地域のわくわくする未来を市民のみなさんと共創する」ことを目指し南富士山シティを立ち上げ2年が経とうとしています。
この2年本当にもがき苦しみながらも、様々な活動を行ってきました。

その中で気が付いたことは、

「自分たちがわくわくすることを小さなことからとにかく実行する」

ことが大事だということです。

地方創生において、机の上に広げた模造紙に付箋を張り付けて発表するワークショップがよく行われ始めてだいぶ経ちますが、僕たちはこの2年、付箋を破り捨て外へ出てキャンプしたり、ツリーハウス作ったり、人に会ったり、たき火を囲んで語り合ったり、してきました。

そしたら閉鎖されたキャンプ場の再生が決まったり、関わる人が起業したり、多くの人々がこの地域にキャンプしに来てくれたり、なんだかわくわくすることが次から次へと舞い込んでくるようになりました。

いわなみキッチンを中心に、様々な人・もの・こと・情報が集まり交差し、誰かの夢だったり想いが、少しずつふくらみだす、そんな様を目の当たりにしてきました。

そしてその集大成として立ち上げるのがこの「FCRUM」です。



奇しくもTOYOTAさんの裾野市内での壮大な計画が発表され、期待感が溢れる中で、一方地域として住民として何ができるか。

せっかくわくわくするチャンスが訪れているのに、何もしなければ結局また何も残りません。

TOYOTAさんより一足先に富士山の南側に創ったバーチャル都市「南富士山シティ」で、もっとわくわくする暮らし方、働き方を実践するために皆さんのお力をお貸しください。

まずはFCRUMキックオフイベントを2月12日に開催します。
今後の活動も含め詳細は南富士山シティホームページ、SNSにて随時お知らせいたします。


小さなわくわくを大きくFCRUMましていきましょう!

2020年1月14日
一般社団法人 南富士山シティ 代表理事 鈴木大悟

SHARE

Facebook
Twitter